まいちゃんとお喋りがしたい

atmaipace.exblog.jp
ブログトップ

小学校からの療育?

もう5月になってしまいました。暑いですね(x_x)。本当は新学年が始まる前に書きたかったのですが,卒園〜入学と私の方が緊張してストレスめいっぱい,日焼け止めが合わないのか久しぶりにアトピーて苦しんだりして←現在進行形(´・ω・`)またブログ放置してしまいました。ごめんなさい。そんな訳でちょっと時期遅れの内容ですm(._.)m

まいちゃんは3歳10ヶ月になる2012年の春から卒園する2015年3月末まで,療育センターでずっと週1回の集団療育(ふたばクラス→わかばクラス→あおばクラス)を受けてきました。手厚い療育と幾度もある勉強会&懇談会にどっぷり浸かった私は,小学生になった途端年1回の診察以外何もない現実が怖くて不安で,年長の夏頃から今後の療育プランどうしよう?と,療育教室や児童デイサービス等の情報を集め始めました。

親の会,地域の発達障害児サークル,療育ママ友・・・私の周りは結構熱心な方が多く色々な話を聞くうちに,また自分でも実感として,ここ数年で利用できる療育サービスが増えたなぁと思います。(平成24年4月の障害者自立支援法、児童福祉法の改正により、多くの民間企業や一般社団法人が、障害児通所支援事業である放課後等デイサービスや児童発達支援へ参入しやすくなったのが理由です。)でもその質は,うーん?まだ始まったばかりだから手探りの所が多いのかな。

そんな中,実際に体験した二つの療育教室AとBについて書いてみます。二つとも受給者証は使えないので1回1時間弱の療育が5000円,週1回通うと月2万円+α(施設費や交通費など)になります。
Aは公益財団法人が運営するプログラム。車では通いづらい場所にあり,電車で乗り継いで25〜35分,ドアtoドアでは50分ほどかかります。施設はちょっと古いですがその分広さがあり,先生もベテランで落ち着いた感じ。母はプログラム内容を簡単な年間計画表で知らされる程度で,毎回のフォローも特にありません。でも年に2回,個人面談があり個別計画を立てて貰えるようです。
Bは最近飛ぶ鳥を落とす勢いな株式会社が運営するプログラム。車でも電車でも通い易い便利な立地で,我が家からは40分くらいでしょうか。施設は奇麗ですが狭く,先生は熱意ある若いスタッフ。プログラム内容はモニターで見る事ができ,毎回フォローの時間も設けられています。

もうこの時点で私的にはAなのですが(-∀-`; )体験してみても絶対にA。まいパパにもAに決めたと言いつつ,幼稚園からまいちゃんと弟を連れてA教室に通うのは時間的体力的に無理なので,小学生になったら是非通わせて下さいとお願いし,それまではお試しでBに通う事にしました。

Bは・・・色んなブログで紹介されていたり,私の療育ママ友でもすごく気に入っている人,全然ダメと言う人,様々で。子供と先生の相性なのかなとも思いますが・・・我が家の場合『母の私』が商業主義的な匂いをどうしても感じてしまってダメでした(=_=)。まいちゃんは比較的楽しんでいたと思うし(と言っても,まいちゃんはお教室/習い事が大好きな子なので嫌がるとしたら相当×ですが),得る所もそれなりにあったと思います。でも,狭いロビーで弟の事を気にしながらモニターを見るのが苦痛なのと,先生も頑張っているのですが,子供達に口で説明しながら次の活動の準備を机の下でコソコソしてたり,いっぱいいっぱいなのかな〜?という印象でした。何より,まいちゃんに合う小集団が私の希望する曜日にはなく,振替のせいもあって最後の2ヶ月は先生とマンツーマンの個別指導になっていました。

これで1回5000円て・・・B教室に対してのモヤモヤは,改めて私は何を求めているんだろう?と考えるきっかけになりました。まいちゃんは机上の勉強は今のところ私が付き合う事で何とかできています。苦手な口頭での指示や想像力を必要とする読解などは,週1回1時間の教室で改善するとは思えません。まいちゃんが自閉症である限り,その都度視覚的に説明するなど工夫(エイド)が必要です。放課後の居場所としての役割も,1時間で5000円は高すぎるというのが正直な気持ち。お試しで通った半年の間に,ピアトレとして一緒に育っていける仲良しさんに出会えたら,また私の気持ちも違ったのかもしれません・・・。

弟にも習い事をさせてあげたいし,まいちゃん一人の療育に家族が(時間もお金も)犠牲になるのはそろそろおしまいかな,と思いました。実際,年長さんの1年はお姉さん意識や自立心が高まり,2時間のスキー教室に参加したり,前は怖がって見向きもしなかった乗馬体験を自分からすると言ったり,随分頼もしくなってきたのもあって,療育教室に通うよりお料理やキャンプ,スポーツ,地域の子供会イベント等積極的に参加して色んな体験をさせた方がまいちゃんにとって大きな刺激→成長に繋がるのではないかとそんな風に考えるようになりました。何しろ手応えがあって見ている私も嬉しく,家族全員楽しい時間が過ごせます。

とても気に入っていたA療育教室は,春休みの集中プログラムに参加しました。7人の6歳児に先生2人がつき,工作や畑体験,クッキング,ゲーム,プールなど盛りだくさんで,まいちゃんも電車で通うのが楽しくて仕方ない感じでした。今後も夏休みなど大型のお休みの時に参加の予定です。しばらくはこのようなペースで,小学校生活の様子を見ようと思っています。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村←参加しています(*^-^*)。
[PR]
トラックバックURL : http://atmaipace.exblog.jp/tb/24436737
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2015-05-07 14:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by atmaipace at 2015-05-08 23:17
鍵コメtさん,
コメントありがとうございます☆ こんな拙いブログを全て読んで頂いたとは(o゚Д゚ノ)ノ 恐縮ですm(._.)m。
療育教室Bについては,お察しの通りです。小学校準備講座とか何とか正式名称は忘れましたが,受給者証は使えないとの事でした。その分,振替など柔軟に対応して頂いたのかもしれません。カリキュラム(課題)は,さすが会社なのでマニュアルがあるんでしょう。私も真似しようと思うものが多くあり参考になりました。ただ,療育センターでの集団療育は教材も手の込んだものが多いし,メンバーも同レベルの困難さを持ちつつ刺激し合える,考えられた集団だったため比較してしまうと(私は)ダメだったという事です。

私は一人勝手にいっぱいいっぱいになる性格なので,夫や娘はかなり迷惑していると思います(;´・ω・`)。あまり頑張らない程度に小学校の事も綴っていこうと思います。今後も,良かったら遊びに来て下さいね☆
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by atmaipace | 2015-05-03 21:55 | 6歳6ヶ月ー7歳 | Trackback | Comments(2)

3歳5ヶ月,高機能自閉症と診断されました。9歳の今,知的にはボーダーIQ80前後です。娘の幸せは何だろう,試行錯誤&迷走する母親のつぶやきと娘の成長記録です。


by まいママ