まいちゃんとお喋りがしたい

atmaipace.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:6歳ー6歳5ヶ月( 9 )

ご無沙汰しておりますm(._.)m。また長期間放置してしまいました。汗汗。特に忙しい理由もなく,周りの療育ママ達に比べるとずっと怠惰な生活なのですが・・・相変わらずまいちゃんの自閉的な言動を嫌がって(疲れているときは特に)イライラ,言ってはいけない事を言ったり,物を強めに叩いてまいちゃんを怒ったり,ダメな母親をしています。それでも,取り付かれたように自閉症関連のブログを読んでいた頃とは違い,1ヶ月に1度覗く程度になりました。ネット依存になりそうな自分が嫌で,PCをすぐ開けない環境に置いたのもブログ更新が疎かになった一因です(>_<)。

昨年10月の運動会,まいちゃんはよく頑張りました。年中さんの頃に比べて勝ち負けの意識がずっと強くなり,障害物競走でビリになって大泣きしたのにはまいパパも私もビックリ。このまま崩れるのか!?とヒヤヒヤしましたが,幼稚園の先生にぎゅっと抱きしめてもらい,励ましてもらって何とか立ち直りました。(運動会の後でも『まいちゃんビリになっちゃって〜』と何度も言ってましたが,リレーや二人三脚では1位だったので全体的に納得し大丈夫ということみたいです。苦笑)

障害物競走は練習の時ルールを守れず,1位になりたいためズルしてしまう事が多々あったのですが,本番ではルールを守って戻ったためにビリになってしまいました。1位になるより,ルールを守る方がずっと大切で格好いい事なんだと言い聞かせ褒めましたが,理解しているのかどうか・・・? それと似た事例で,皆に合わせて急いで(焦って)行動して欲しい時と,順番を守った結果として最後であるなら焦らなくて(急がなくて)いい場合の区別に最近は悩んでいます。←このあたりのお話は脱線して長くなってしまうので,また別の機会に(=_=)。

運動会も無事終わった10月下旬,市の相談センターへ就学相談へ行きました。私達親はもうずっと,地域小学校の支援学級と心が決まっており『相談』するつもりは特になく,ただ支援級に籍を置くための必要な1ステップに過ぎませんでしたが,今度はK式?WISC?と巷で呼ばれる詳しい発達検査を受けられるのでは?なんて期待して・・・。結論から言って,まいちゃんが支援級相当というのは誰が見てもその通り(・´ω`・)という感じでサクサクと話が進み,発達検査はまた(!!!)田中ビネーを受けて数値は85でした。

結局,親の意思が一番重要で尊重され相談センターの意見は決定ではないと断りつつも,まいちゃんには通級に通うほど知的に余裕がなく,特に(視覚支援のないところでの)情報の受け取り・発信に問題があること,小学校低学年までは周りの真似をしてなんとかついていけても,中学年以上からは難しくなるだろう,普通級から途中で支援級に籍を移すよりは最初から支援級の方が安心だし精神的ダメージも少ない・・・という私達の考えに相談員の方が全面的に賛成してくれた?ようです。

相談センターではまず集団での様子(5〜10人ほどで学校ごっこ)を見て,個別に発達検査を受け,それからプレイルームに行って待つ(その間親と相談員が面談)という流れで全部で2時間半くらいかかったでしょうか。親は別室待機で何も見れないのですが,相談員さんによると楽しそうに参加できていたようです。途中トイレも自分から行くと言えて(初めて使用するトイレは怖いので『そばで待っててね』とお願いもできた様子)切り替えも早いので,なるべく普通級に交流に行くような形をとるよう学校にも伝えておく,との事でした。

田中ビネーは,話を聞くと前回(☆)間違ったところと全く同じ箇所をまた間違っていましたヽ(≡ω≡;ヽ)。地図のようなもの,プリント等を目の前に出されるとそちらに注意がいって,人の話は全く聞こえない。目は何ですか?耳は何するもの?という漠然とした質問が分からない。耳について聞かれた時は『耳をそばだてる!』と答えたようです。三省堂のことばつかいかた絵じてんにある,まいちゃんお気に入りのページ・・・(スキャンしようとして,まいちゃん『みみをそばだてる』ってどこにあるの〜?と聞いたら,『かおのうごき』のところ!ここだよ,と開いてくれました↓)

b0236693_18434988.jpg

前回無言だった事に比べれば,何とか答えようとした姿勢だけでもスゴイヽ(*´v`*)ノ。よくIQが30以上あがった!とか羨ましい話を聞きますが・・・まいちゃんはペース死守な感じで育ってます。苦笑。

まいちゃんはこの頃,6歳4ヶ月でした。次回は卒園が迫った最近の様子を書き留めたいと思います。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村←参加しています(*^-^*)。
[PR]
by atmaipace | 2015-02-11 18:21 | 6歳ー6歳5ヶ月 | Trackback | Comments(4)

自由時間の過ごし方

先日、自閉症親の会で大大大先輩のお母様達とお話する機会がありました。私にとって、療育センターのどの勉強会よりも、著名な先生のどんな本や講演会よりも、先輩ママの言葉がガツンと心に響きます。甘ったれた自分が情けないというか、喝を頂いて基本に立ち返り子育てに前向きになれる、そんな気がします。

最近の記事に書いた遊びに発展性がない事と人に注目できない事は、まいちゃんの特性の中でもかなり強く、私はまいちゃんが普通の人に混じって何とか生きていけるのでは?と期待するのは諦めたとか言いながら、これらを乗り越えなければ【街中で独り言を言って浮いてしまう、学校では虐められてしまう】とちょっと焦っていました。逆に言えば、周りの視線を感じて外では自分の言動をコントロールできるまで認知力が上がって欲しいと切に願っているため、本来はリラックスできるはずの家で『テレビのお話しない!』『まいちゃん、今ママお話してるよ!?』などまいちゃんの意識を高めようとヒステリックに関わっていました。

感情をぶつけてもまいちゃんを追い詰めるだけだと頭では分かっているのですが、興味の幅が狭いまいちゃん、お出かけ先でも携帯電話で動画やゲームを見たがり、何度も同じセリフを繰り返したり落ち着きがなかったり。色んなモノに興味を示し、『わぁ〜、すご〜い!見てみて!』と子供らしくはしゃいで気持ちを共有してくれる弟と比べて、どうしても切なくやり切れなく、何とかまいちゃんと関わりたいともがいてしまう、そんな感じです。

夏休みは自由時間が沢山あったので、少しでもテレビや動画から遠ざけるため、プリント学習ばかりしていました。学研の夏のおけいこ5歳、くもんのやさしいはりえ、成美堂出版のやさしいたしざんぷりんときっずというサイトのプリント数枚・・・。9月になり幼稚園が始まってからは【創造性を育てるドリル】という文句に惹かれて(;^ω^Aくもんのいきもの博士、少しでも自由画を描けるようにおえかき博士、成美堂出版のたしざんひきざん、去年挫折した絵日記()も再開し、もちろんこどもちゃれんじも続けています。

b0236693_4214915.jpg
↑あおばクラスで避難訓練があった日の絵日記と、後日我が家のホワイトボードに予定絵カードを忠実に再現して遊ぶまいちゃん。『たなかみなみちゃん(←クラスメイト)とあさだまいちゃん(←自分)は○○先生と手をつなぐの』『女の子は○○先生と手をつなぐから怖くないよ!』と話していました。私が『おかしもは?』と聞いたので、『おさない〜(全部言える)・・・あと、ハンカチでくちをおさえる』と、幼稚園で習った事を教えてくれました。『でもあおばクラスではおさえなかった』と言うので『地震だったんじゃない?』と私が答えると『地震と火事、両方だった!』と教えてくれましたΣ(゚Д゚)。

b0236693_4313869.jpg
↑まいちゃんは、考えずに没頭できる細かい単純作業が好きなのですが、この日も『ママ〜これ書かせて書かせて』と幼稚園からのお手紙(の文字)をボールペンでなぞろうとするので、ノートにこども絵じてんを写したら?と提案したら、自分でクイズを書き出していました。これは最近のブームで、ホワイトボードにも同じクイズを何度も何度も書いています。

相変わらず、まいちゃん色んな事分かってるから大丈夫!ゆったり構えようと思った次の瞬間、これだけ分かってるんだから、もうちょっと集中してコミュニケーション取って欲しいと欲が出たり、ぐちゃぐちゃです。本田先生の『高機能の親は諦めが悪い』という言葉()がまた思い出されます。大先輩ママ達も、最近は療育環境が充実しペアレントトレーニングも盛んで色んなスキルを教えてくれるけど、だからこそ情報に振り回されている気がする、親は支援者だけど療育者になっちゃいけない、そうしないと子供達が思春期を迎えた時にパチン!と何かが弾けるよ?と仰っていました。

この社会になんとか合わせようと子育てするのではなくて、その子の幸せを見つける子育てをすること。『(自閉症の子が)幸せに生きるには、何か楽しめる事、趣味を見つける』という言葉が残りました。まいちゃんにとって、それはテレビや動画なのかな・・・?先輩ママは『テレビだっていいじゃない、一人で数時間過ごせるって学校が終わって大人になったらものすごく大切よ』と仰って、私は一瞬ホッとしたのですが。まいちゃんの幸せを見つけるお手伝い・・・自由時間の過ごし方を私がコントロールしない、という事なのかもしれません。

まいちゃんは今、6歳2ヶ月です。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村←参加しています(*^-^*)。
[PR]
by atmaipace | 2014-10-07 05:56 | 6歳ー6歳5ヶ月 | Trackback | Comments(5)

人への注目

今週末、まいちゃんの通う幼稚園で運動会があります。練習はラストスパートを迎え、体操着や靴下は毎日泥だらけで、すごく頑張っているのが分かります。幼稚園が大好きで登園渋りは一度もないまいちゃんですが、さすがに疲れが溜まってきたのか、最近は朝テンションが低くいつもの弾ける笑顔がありません。せめて家ではゆっくり・・・と思うのですが、自己主張が激しくなってきた魔の2歳児、弟に好きな遊びやテレビも邪魔され、休まらないせいで異様にハイテンションかどっぷりマイワールド、どちらも自閉症全開のまいちゃんに母の私もどーっと疲れ、溜息の毎日です。

話は遡り夏休み前、療育センターあおばクラスの参観&面談がありました。視覚支援が行き届いているので、何をどうやるか絵を見てすぐ理解するまいちゃん。離席こそしないものの、先生の話を全く聞いておらず、独り言を小声で言ったり何かしら触っていて落ち着きがありません。集団での活動(リレー形式のサーキット)も順番を守ったり自分のパートはできるのですが、お友達の番になると速攻マイワールドへ突入です。その度、先生にそっと注意され、注目すべき先生やお友達を指差され、体の向きを変えられたりするのですが、意識するのは3秒ほど。またすぐに崩れてしまいます。

これはあおばクラスだけでなく、音楽療法でも、習い事のスイミングでも、お友達と公園で一緒に遊ぶ時もほぼ共通している事で、自分のパート以外では何をしていいか分からない、何分待てばいいのか分からない、視覚支援のない世界ではどの人もまるで外国語を話している外国人で、全く理解できず、興味も湧かず、共感もできない。ただ動くと先生が注意したり、ママが怖い顔をするので、なるべくじっとしている。でもつまらないので、頭の中ではテレビや何か別な事が流れていて、夢中になるとつい独り言を言ったり手振りなど体が動いてしまう・・・そんな感じです。

3歳後半から療育をしてきてこの点は変わらないと言うか、逆に頻繁に注意されるので苦手意識だけが育ち、逃げ腰になっている気がします(もちろんセンターも幼稚園もとっても優しく『まいちゃん、こっち見ま〜す』『まいちゃん、手はお膝だよ』という感じ)。どうしたら人の話を聞こう、お友達に注目しようとモチベーションが育つのか・・・でも視覚支援なしに人に注目できたら、もう自閉症ではない気がしますが(-_-;)・・・クラスの先生には、①とりあえず注目するのは先生だけで、お友達への注目は甘く見て下さい、②もし先生の話を聞けたら大袈裟に褒めて下さい、③お友達に注目したら後のゲーム(○君は何を選んだでしょうか?など)に正解するなど、モチベーションを与えてください、とお願いしました。

話は戻って運動会の練習ですが、やっぱりお友達に注目する事が難しく、待ち時間になると砂をいじって遊んでしまい次第に夢中になって、誰かに注意されないと次の行動に移れない・・・そんな事が続いているようです。年長さんは組み体操など運動会の華となる出し物が多く、練習もハードで、○分までと約束しても延びてしまったり終わりが見えないから余計に。担任の先生が色々と気にかけてくださっているのですが、まいちゃんは声掛けだけでも何となく動くので、視覚支援まではしていないだろうと【格好よく座る(体育座り)】【まっすぐ立つ】【砂で遊びません】を自宅で絵を描いて説明しました。【砂で遊びません】には、まいちゃんが嫌いというか恐怖さえ感じている、否定の大きな赤バツをつけて(いじわるごめん!)。

更に小さなカードにして『○○先生(←担任)とお約束してね?』と幼稚園バッグに入れたら『うん!』とお返事、帰りにはカードがなくなっていたので、多分練習中に使って下さっているのだと思います。頭で理解する事と集中して持続する事はまた別問題ですが、さて本番、どうなるかな・・・(*゚ー゚)?

b0236693_7563824.jpg
※写真はインターネットで見つけたものを勝手に使用させて頂きましたm(._.)mアリガトウゴザイマス

まいちゃんは今、6歳2ヶ月です。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村←参加しています(*^-^*)。
[PR]
by atmaipace | 2014-09-30 22:35 | 6歳ー6歳5ヶ月 | Trackback | Comments(4)
まいちゃんが自閉症と分かった3歳半の頃、インターネットでまいちゃんと同じような(できれば女の子の)自閉症の子を探しては、1年後2年後、小学生とどんな風に成長していくのか分かる具体的な記事を求めてよく徹夜してました。こんな放置ブログも毎日100近いアクセスがあり、記事ランキングで2歳〜3歳や自閉っ子こんな感じですという記事が常に上位にあるのは、あの頃の私のようなママパパが今見に来てくれているのかな・・・?とありがたいような、複雑な気持ちになります。

悲しいというか、ゆっくり時間が解決してくれる事ですが、私はもう、まいちゃんはちょっと変わった子だけどなんとか『普通に』生きていけるのでは?と期待する事はなくなりました。療育を始めて3年、私達夫婦ができる事をできる限りしてきて、やはり障害は障害。変わらないのが障害、としみじみ理解しています。動画を見て貰えばまいちゃんの雰囲気はよく分かるのですが、そこまでカミングアウトする勇気がないので(-_-;)ゴメンナサイ、なるべく詳しく厳しめに(期待を含まず現実に沿ってという意味で)、2年前の記事()と比べながらまいちゃんの今の様子を綴ってみようと思います。

・ 社会性/コミュニケーションの障害
自閉度が高いと言われているだけあって『非定型』の発達障害の子とは一線を画す部分です。相変わらず目を合わせる事、話している人に注目する事は非常に苦手です。例えば、長い休み明けに登園し大好きな担任の先生が『まいちゃ〜ん!』と両手を広げて迎えてくれても、なぜか顔を真横に向けながら走って抱きつく、という具合。登園/降園途中でお友達に意識を向ける事はなく、信号や通りの車に気を取られています。私が『まいちゃん、○○ちゃんがバイバイって言ってるよ?』と促すと適当な方向を見て『バイバイ』。私がまいちゃんをお友達の方へ向かせて『○○ちゃんバイバイでしょ?』と促すとオウム返しのように『○○ちゃんバイバイ』。その割に、近所の知らない大人に対して『こんにちは〜♪』と上手に挨拶できる事もあります。

先生が(視覚支援なしに)話し始めると途端に集中できなくなり小さな声でテレビのセリフを言ったり手を動かしたりして再現遊びが始まります。運動会の練習ではお友達に注目できず、待ち時間は砂をいじっています。言葉は増え自分なりに組み合わせて話しますが、〜してもらう、〜してあげる、などの受動能動の違いは分からずぐちゃぐちゃです。先生の指示に対して自分が上手く答えられたと思った時など、嬉しいのか先生と自分のやり取りを5回以上、どこか床?など見ながら繰り返し言っています。例えば・・・『まいちゃん、椅子を片付けてくださ〜い。はい!分かりました。』を5回以上、下手すると10回以上。『はい!分かりました』の部分では小さく手を挙げる身振り付き。注意すると聞こえないくらい小声で、口パクで繰り返しています。次に何をするか分からない時、興奮している時はぴょんぴょん跳ねたり、私の手にぶら下がったり、身振り手振り付きの再現遊びも激しくなって落ち着きがなく、体が120センチ20キロと小学生並みなので違和感満載です(´・ω・`)。

・ 想像力の欠如
これも相変わらず酷いですね〜。自分で遊びを考えだす事は皆無です。折り紙や自由工作、自由画なども苦手で、隣に座ると観念し『ママ何かくの?』と聞きながら取り組みます。テレビやタブレットなど受動的なものが大好きで、気に入ったシーンをそれこそリモコンが壊れる勢いで何度も何度も何度も何度も何度も繰り返し見ます。ディズニーや外国のチャカチャカ忙しないアニメが好き(でもストーリーを追って通しで見る事はできません。どこまで理解しているかも不明)。以前は『1時間でおしまい』と言えば切り上げる事ができましたが、最近は『おしまい』と言うと泣き出します。放っておけば多分文字通り1日中、youtubeで動画か録画した番組をテレビで見るでしょう。(私が疲れてというか、もうどうでもいいや、という気持ちになって放っておいたら7時間くらい見ていました。)

見通しが立たないとソワソワ、『ママ何するの?どこ行くの?歩いて?車?』『ママ夜ご飯は?』『パパ遅いの?』と同じ質問を繰り返します。答えても暫くするとまた繰り返し聞いてきます。カレンダーなどに予定を書くなど視覚支援があると少し落ち着きますが、何もする事がないとテレビを見たがるので、家での自由時間は本当に困ります。遊びに行く時も、なるべく『しおり』のようなものを作った方が安心です。

・ こだわり
エレベーターのボタンを押す事、駐車券を精算機に入れる事などは『まいちゃん弟くんに譲ってね』と事前にお願いすれば気にしないでスルーできるようになりました。でも弟が音の出る絵本やちゃれんじのエデュトイなどを付けっぱなしにすると、消したくてパニックになります。例えば私が『弟が今遊んでいるから、まいちゃんは座ってご飯食べちゃいなさい!』など制止すると両耳を押さえて『消したい〜!ダメダメ!』と大声で泣き出しパニックになります。

・その他
横目で走る事はなくなりました。再現遊び中に変な表情をする事あります。再現遊び中はマイワールドなので、挙動不審です。色々と理解し、言う事を聞けるようになった反面、衝動性も強く弟の予防注射に連れて行ったら勝手に医療器具を触ったり、知っている場所なら一人でエスカレーターに乗ってどんどん進んだり、親として気が抜けません。お友達といても『もう帰ろうよ〜』と何度も言ったり、出された食事に対し『まいちゃん○○嫌い!』と宣言したり、空気は読めません。文字や数字が好きで、そちらに注意が行くと他の事は全く入らなくなります。ドリルなどが好き←まいちゃんのレベルにあった(8割できる2割できない程度の)ドリルを買って、毎日2頁ずつ3冊ぐらいこなしています。まぁ好きと言っても色んなものを組み合わせて20分〜30分が限界なのですが。

それでも幼稚園など規則正しい生活の中、お友達や先生のいる中では頑張っています。家だとリラックスして甘える部分もあるので、特性を強く感じるのかもしれません。弟には優しく、ふざけてぶたれたり押されたりかなり痛い事をされても、泣く事はあっても怒ったり仕返す事はありません。ボール遊びや追いかけっこなど、お友達が相手してくれる時は一緒に遊んだりもしているようです。基本ニコニコ、幼稚園のベテラン先生が『得な性格』と仰っていましたが、本当に沢山の先生に見守られ可愛がられ、お友達にはお世話してもらって楽しく生活しています。

まいちゃんは今、6歳2ヶ月です。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村←参加しています(*^-^*)。
[PR]
by atmaipace | 2014-09-20 21:09 | 6歳ー6歳5ヶ月 | Trackback | Comments(15)

診察@療育センター

先日、半年に一回の診察@療育センターがありました。
3歳10ヶ月頃の診察→
4歳5ヶ月頃の診察→
5歳になってからも行ってるはずですが、記録と記憶がありません・・・確か年末の忙しさにかまけ、予約していたのをすっかり忘れて1回すっぽかしたのは覚えています。年を追うごとに(私が)恐ろしくいい加減になってますね・・・(-д-;)スミマセン。

なので記憶の新しいうちに!今回もまいちゃんの主治医(と言っていいのかな?)河野先生ですヾ(。・ω・。)コンニチハー。まず、療育センターに行く前に ①待合室では騒がない走らないママのそばにいる、②先生には大きな声でご挨拶&お返事する、と言い聞かせました。←視覚的なものはなし。『はーい』とお返事して車を降り、療育センターのエントランスに向かうまいちゃん。慣れた様子で靴を脱ぎ、エレベーターのボタンを押すのも弟にゆずって、私が受付を済ませている間、待合室の絵本棚から“ノンタンおよぐのだいすき”を選び『わたしこっちに座ってるね』と一人ベンチに座って読み始めました。

診察に同伴して下さるソーシャルワーカーさんが現れ『まいちゃん久しぶり〜こんにちは!』と話しかけても、気付かないのか無視していましたが(私がまいちゃんご挨拶は?と言ったらチラッと見た)『もうすぐ診察だよ〜』と言われて読むスピードをあげたので、多分ご挨拶より読み終える方が重要だったのでしょう。全部読んで急いで本棚に戻すとやっと小さな声で『こんにちは』と言えました。そしてそのまま診察室へ。

河野先生にも小さな声でご挨拶し、丸椅子に座ると、河野先生が『まいさん元気ですか?風邪とか引いてませんか?』と会話を始めました。『元気です』と下を向いて答えるまいちゃん。『夏休み楽しい?どこか行きましたか?』と聞かれて『なつやすみです』と必殺オウム返し。『うん、何が一番楽しかったかな?』『・・・・。』やはりランダムな質問には殆ど答えられません。でも河野先生が『じゃあまいさん、先生の真似して下さい』と突き出した両手でグーを作るとすぐ真似を始めました。右手チョキ左手パーや、親指中指薬指をくっつけてキツネなど、目をつぶって触られたところを答える(両耳、両膝に始まり、右耳と鼻、左ひざと右腕、のように同時に違う箇所)のもできました。

まいちゃんの右手で先生の左肩を触るなど、向かい合って右左を理解できるか調べる問題も、はじめは間違いましたが2問目からは正答してました。その後ケンケン、片足立ちなどの様子を見てまいちゃんはおしまい。同室で弟と一緒に遊んで待ってもらい、私と先生が話します。『ひらがなは読めますか?』と聞かれたので、ひらがな、カタカナ、アルファベット、簡単な漢字が読める事を伝えると『カレンダーは理解しますか?』そして先生は唐突に『まいさん、今日何日?』と絵本を読んでるまいちゃんに聞きました。少し考えてから『11日げつようび』と答えるまいちゃん。『明日は何曜日?』『・・・かようび』

まいちゃんはでも、昨日・今日・明日のような時制を文章の中で正確に使う事はできず、過去の事は1ヶ月前の事でも『さっき海に行ったよね〜』となってしまいます。最近、午前中スイミングへ行った日の夜に洗面所でまいパパが『あれ?なんでこんなとこにまいちゃんのパンツが落ちてるの?』と聞いたら『今日スイミング行く前に着替えたからだよ』と答えたので、夫婦で『おぉΣ(・ω・ノ)ノ』と驚いたくらいです。

河野先生は今のまいちゃんのペース(幼稚園はじめ家庭学習や習い事など)でいいでしょうと仰り、小学校も地域(学区)の特別支援級を考えていると言ったら『うんうん』と承認?して下さいました。私が“二次障害を防ぐ”事だけを目標に子育てしているが、まいちゃんはずっとハッピーな子供なので、今後どんな困難が出てくるのか想像し難い、私たち親は何に気をつけるべきか?と訴えると『周りの悪意から守ってあげる事』と言われました。つまり小学校も高学年になると、友達が欲しいと思うまいちゃんの気持ちを周りが利用したり、騙したり・・・でもまいちゃん本人はそういう悪意に気付かず言われた通りの事をして、結果トラブルに巻き込まれるそうです。うーん、ものすごく想像つきますね・・・(・∀・i)タラー・・・。

本当にまいちゃんの成長次第ですが、小学校4、5、6年生が勝負だと思っています。場合によっては中学から支援校や自閉症に特化した私立なども考えています・・・電卓をたたくと恐ろしいのですが(>_<)ヒィィ。

まいちゃんは今、6歳1ヶ月です。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村←参加しています(*^-^*)。
[PR]
by atmaipace | 2014-08-12 23:50 | 6歳ー6歳5ヶ月 | Trackback | Comments(2)

療育スケジュール(2014)

もう1学期も終わり夏休みですが(・ω・;)、そしてあまり代わり映えしない生活ですが、2012年度(年少)→ 2013年度(年中)→ に続いて今年のスケジュールも載せておきますm(._.)m

【幼稚園】
年長さん(週4日:9時-2時)
【療育】
集団療育@療育センター あおばクラス(週1日:10時-12時)幼稚園への巡回訪問あり
発達障害サークル(週1日:1時間)
音楽療法(月2回:1時間)
【習い事】
スイミング(週1日:1時間)

コンサルテーションは昨年度結局、2回しか行きませんでした。一人あさってな方向を見ていたり、同じセリフを繰り返したりなど、自閉症の特徴は強いまいちゃんですが、日常生活や集団生活で困っている事はあるか?と聞かれたら“特にない”ので、コストの事も考えると必要ないかな・・・と億劫に感じてしまって。今の幼稚園が本当によくしてくださるおかげでいつも楽しそうですし、ちょっとした相談事は療育センターの先生にもお話できる環境にあるので、今年度もプロのコンサルを受ける必要&機会はないだろう・・・と思います。

療育センターでの集団療育は、コミュニケーションや小学校を意識した活動の多いあおばクラスに決まり、これも昨年度のわかばクラスに続いて楽しんでいます。机に座って一人でやる(または先生とマンツーでやる)課題15分、お集り20分、トイレ休憩10分、集団課題(ゲームなど)を30分、おやつ20分、帰りのお集り20 分、一つ一つお友達と並ぶ、待つ、先生に注目する、文房具を片付ける、ドアをノックする、など細かい事が視覚的に説明されていて、生徒3人に先生1人つき手厚く指導してくれる充実したクラスです。

このようなクラスが就学後も続いてくれたらいいのですが、療育センターとのつながりは、就学後は半年に一回の診察のみとなってしまう事、多分まいちゃんは今後も放課後一緒に遊ぶようなお友達はできないだろう事から、今から民間のSSTクラスに週1通わせようと思っています。あとはスイミングを続け、発達障害サークルではずっと一緒の仲間と絵を描いたり体を動かしたりして経験値を増やしていき、残りの幼稚園生活を思い切り楽しんで過ごせたらいいな☆

まいちゃんは今、6歳0ヶ月です。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村←参加しています(*^-^*)。
[PR]
by atmaipace | 2014-08-08 15:52 | 6歳ー6歳5ヶ月 | Trackback | Comments(2)

5-6歳勉強の様子続き

前回→の続きです。ベネッセに入会を決めたきっかけは、知り合いがくれた昨年のこどもちゃれんじすてっぷ4〜5歳(年中)9月号にまいちゃんがものすごく食い付いたからです。それまでもDMに付いてきたシールで遊んだりしていましたが、ドリルやプリントなら書店に沢山あるし、健常児が喜ぶようなキャラクターやアニメに全く興味のなかったまいちゃん、健常児と同じものを買ってもついていけなくて(私が)切なくなるだろうと思い、踏み切れませんでした。

でも、意を決して買ったはずの四谷学院の教材(詳しくはコチラ→)はずっと放置されており、気付けばハイパーレクシアなまいちゃんには簡単すぎるひらがなや数字の練習ばかりでやる気が起きず。←まいちゃんは読み書きはできても、内容を問う質問にはほとんど答えられません。特に『どうして○○ちゃんは××したの?』のような質問は全くダメ。鉛筆を必ず落とすし、足をブラブラさせたり姿勢も悪く、途中何か家電がピーッと鳴ったりすれば椅子から飛び降りて止めに行きます。本音は、読み書き云々よりこれら典型的な特徴の方をなんとかしたいところです。

話が脱線しましたが、ちゃれんじはDVDがたまに付いてきて、テキストと連動したお話や今後もらえるエデュトイの遊び方などを可愛いぬいぐるみたちが宣伝解説してくれます。この『予告』がまいちゃんのツボにはまり、ぬいぐるみ達のセリフや女の子役を忠実に再現して遊ぶので、私が隣について手取り足取り教えなくても、なんとなく一人であらかたのドリルやエデュトイをこなせる・・・事が魅力で今に至ります。幼稚園で女の子達に混じり、キャラクターやリボン、ピンク色など可愛いものを意識し出した事も良いタイミングでした。

↓現在受講中のじゃんぷ(年長さん)。考える事が嫌いなので、ふしぎはっけんえほん(ちゃれんじ本体)にはあまり興味ありません。絵で見て問題の意図が分かりやすいワークを先にやります。やり始めると1回に3〜5問(見開きで6〜8頁)続けて解き、自分で『できたよシール』を貼ったり『おわりました〜あかまる!』とお願いしてきます。
b0236693_16374868.jpg
5月号の問題。穴埋め問題は比較的得意なまいちゃん。該当する“なまえシール”が2枚と少ないので、初めて取り組むクロスワードパズルのような問題でしたが簡単に推測できたようです。7月号の問題。いつものように問題を読まず(読んでも理解せず)適当に始め、どうすればいいか分からなくて途中私に聞いてきました。『もう一回読んで。何て書いてある?』『ちょうど5ひきあつめるよ』『5ひきだって。数えながら進んだら?』『うん』まいちゃんは失敗する事が嫌いなので(例えば消えない赤ペンなどで×を書かれたら泣き出してしまいます)線は引かずに指を使って何回か数えて『あれ、6だ』など言いながら正解にたどり着きました。

今後、小学生になったらシールはもちろん可愛らしい絵も減っていくのでしょう。小学生の夏休みドリルを書店で覗き見しながら、1年後はもう本当に勉強なんだ(>_<)とおののいています。いつまでも幼稚園にいれたらいいのになぁ。

まいちゃんは今6歳0ヶ月です。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村←参加しています(*^-^*)。
[PR]
by atmaipace | 2014-07-30 17:20 | 6歳ー6歳5ヶ月 | Trackback | Comments(4)

5-6歳勉強の様子

文章を書くのが本当に苦手で・・・色々考えるとすごい時間がかかってしまうので、思いついたままいきますっ(`・ω・´)ノ。時間も去年(5歳)から振り返ってみるので、時系列に上手くまとめられず読みづらいかもしれませんが、ご了承くださいm(._.)m

タイトルは勉強の様子としましたが、私達夫婦は、まいちゃんに診断が下った3歳半頃から特別支援学級で構わない(どちらかと言うと特別支援学級で大切に可愛がって欲しい)と思っていますので、勉強のできるできないは重要ではなくて(もちろんできた方が親として嬉しいですけど)、失敗した時は消しゴムで消して直せばよい、分からないときは教えてと先生に助けを求める、周りに合わせて課題を進めるなど、普通の子なら自然にできる事を事前練習して習得する事が目的です。

まいちゃんは文字や数字が好きで制作など机に向かう事も嫌がらないので、生活リズムの一つとしてお約束してしまえば、寝る前『まだプリントやってない!』と自分からファイルを出してくるタイプです。が、隣で座って一緒にやってあげないと自分一人では『ママ、これでいい?』と繰り返し聞いてなかなか進まないので、弟も一緒に同じ事をしたいお年頃、私の方が二人を相手しきれず挫折していました(私が『今日はもう遅いからいいよ、寝なさい』と言えばこだわる事なく寝ます。)
b0236693_19221085.jpg
↑去年の9月にやってみた絵日記。まいちゃん5歳2ヶ月です。実際の場所や名前を隠すため、ピンクの文字は私が編集しました。文章を一から作るのは非常に難しいので、好きな/合う言葉を埋める方法です。この頃は難しいひらがな『あ』『え』『む』などは書けなくて、私が隣で書いて見せたり鉛筆を一緒に握って書いたりしていました。文字の大きさもそろえる事ができなかったので、書きたい言葉を確認した後、薄く□を書いてそこに一文字ずつ書くように促しました。絵も、私が『プールだけじゃ寂しいから、まいちゃんのお顔を書こうか?』と顔の輪郭を書いてあげたりヒントを言ったりして描いていました。
b0236693_19482844.jpg
↑約3週間経った頃、かなり慣れてきて、ひらがなも『はれ』など自分一人で書けるようになりました。穴埋めも自由度を増やし最後の一文はまいちゃんが考えるように。楽しかった、嬉しかった、以外に『とっても(すてき)です』など書いて、微笑ましい絵日記でした。が、私が文章の骨組みを書いてプリントアウトする事、まいちゃんの隣に座って絵を書き終わるまで付き合う事が大変で、1ヶ月でギブアップ(x_x)←このブログで証明済みと思いますが、コツコツ続ける事ができない性格です。

手作りの教材を色々作っては挫折し続け、結局絵日記もやめてしまった昨年10月(まいちゃん5歳3ヶ月)遂にベネッセのチャレンジに頼る事にしたのでした・・・長くなったので続きますm(._.)m


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村←参加しています(*^-^*)。
[PR]
by atmaipace | 2014-07-24 21:11 | 6歳ー6歳5ヶ月 | Trackback | Comments(0)

最近のまいちゃん(6歳)

ずいぶんご無沙汰していますm(._.)m ブログ書かなきゃ、書きたい事溜まりまくってる、あれもこれも・・・と思っているうちに今年度も既に4ヶ月めに入り、もうすぐ夏休みですね(>_<)ヒェー。まいちゃんは先日6歳になりました。おかげさまで毎日元気に幼稚園や療育センターに通い、毎回『楽しかった!』と帰ってきます。本当に沢山の方に気にかけていただき、大切にされているおかげで、私の子供にしては驚くほど素直で(知恵や難しい感情がないからかもしれませんが)可愛らしい子に育っています。

認知が上がり、図鑑を読み込んでいるおかげで色んな事を知っています。身の回りの事は大抵できますが、お泊まり保育を経験して更に自発的に取り組む姿勢が見れるようになりました。夜も子供ベッドで一人で寝ています。お喋りも頑張っていますが・・・やはり、まいちゃんは人の話を聞く事、聞いた情報を元に考える事がほとんどできません。未だ自分から『なぜ?』と質問する事はなく、人に『どうして?』など理由を尋ねられたり、『パパなんて言ってた?』など伝聞の質問をされると答えられず、逃げるようにマイワールドに突入して独り言を言ったり歌を歌ったり、オウム返しのように質問を適当に答えの形にしてその場をしのごうとします。

でも周りを見て、なんとなく真似をして、6歳なりに自然に振る舞おうとけなげな様子もあります。健常の子とは一緒に遊べないから・・・と今まで幼稚園後に公園に寄ったりする事を避けていましたが、ある日公園に行ってみたら意外とお友達に『まいちゃん、まいちゃん!』と歓迎され、一緒に遊具や追いかけっこなどして遊んでいました。まいちゃんは何でも『いーよ!』と言って指示された通りにするので、1対1で相手がちょっぴり仕切り屋さんだと特にうまくいくみたいです。でも3人以上だとルールについていけず、相手の興味に合わせる事もできないので、次第に一人遊びや平行遊びになる感じ。

今は大変恵まれた環境で、周りの子もしっかりした良い子が多いので、まいちゃんは(幼稚園の先生曰く)愛されキャラで楽しく過ごしていますが、小学校になったら色々問題が出てくるだろうなぁ・・・と思っています。あまり最悪は予想したくありませんが、多分小学校2年生くらいから勉強についていけなくなり、3年生からは普通級に友達は一人もいない状態で交流を嫌がるようになり、4年生くらいから本格的な登校渋りが始まり・・・なんて思ってしまいます。

なんとかして守ってあげたいのですが、指定学区の小学校の支援級以外、他にまいちゃんを通わせる事のできる学校はありません。先輩療育ママの話を聞いていると、大きくなるにつれてますます選択肢は減るそうなので、今から何か対策を・・・と焦る気持ちもあるのですが、一方でまいちゃんがこの先どんな先生やお友達に出会ってどうなるか、全く想像つかない部分もあり・・・。幸い、今の幼稚園の半分くらいの子が同じ小学校にあがるので、知り合いも多い中私が役員など引き受けて学校に行く機会をできるだけ作り、モンスターと言われない程度に陰ながら支えるしかないよなぁ(>_<)と思っています。

最近のまいちゃんというタイトルにしましたが、単なる私のつぶやきになってしまいました。次回はもう少し具体的にまいちゃんの様子を書きますm(._.)m



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村←参加しています(*^-^*)。



[PR]
by atmaipace | 2014-07-17 23:35 | 6歳ー6歳5ヶ月 | Trackback | Comments(6)

3歳5ヶ月,高機能自閉症と診断されました。9歳の今,知的にはボーダーIQ80前後です。娘の幸せは何だろう,試行錯誤&迷走する母親のつぶやきと娘の成長記録です。


by まいママ