まいちゃんとお喋りがしたい

atmaipace.exblog.jp
ブログトップ
お久しぶりです。まいちゃんも家族も皆元気です(`・ω・´)ノ。やる気ないまま,あっという間に3か月も怠惰な日々を送ってしまいましたが(コメント等放置して本当にごめんなさい)ノロノロ〜と,まいちゃんの幼稚園での様子(療育センターのミホ先生による巡回訪問療育)続きです↓

10月下旬の第4回訪問(天気は晴れ)
9:30〈朝のお支度〉先生と抱き合って挨拶をする。先生に促されてお支度を行う。「ご用意ができたよ」と先生に伝える。お支度の最中にお友達が来て「一緒に遊ぼう」と誘われ身支度を手伝われる。職員(←ミホ先生の事)が「まいちゃん,自分でできるみたいだよ」とお友達に声を掛ける。

9:50〈室内遊び〉「お父さんスイッチを作る」と言って箱をもらう。箱の上に紙やストローを貼る時はお友達が手伝う。紙に「か」「き」「く」「け」「こ」と色別に書く。

10:20〈ホール集会〉体操をした後「疲れた」と話す。素話の時に後ろを向いていたので注目を促される。集会中は,姿勢が崩れたり注意が逸れる様子が見られた。

10:40〈朝の会〉らいおんグループのお友達が日付・曜日を話した後,拍手をする。先生が翌日の遠足の話をしている時に先生の所に行って話しかける。「まつぼっくり」の歌の時はお友達が手遊びをしている様子を笑顔で見ていた。
〈折り紙(かぼちゃ)〉先生の指示を聞いて,ロッカーにあるお道具箱からのりと工作用の箱を取ってきて着席する。先生の見本を見ながら丁寧に折っていく。折り紙の工程が一つ終わる毎に隣にいる職員に「こう?」と確認しながら次に進もうとするが,先走って行おうとする様子が見られる。手はお膝にして待つ事や,指示を出す担任の先生への注目を促していく。周りの様子を見てのりと工作箱を片付ける。先生がお道具箱を整理することを話していたので,職員が促すと,ロッカーからお道具箱を机に持ってきて前にいるお友達の片付ける様子を見て行っていた。

11:20〈外遊び〉園庭のアスレチックに登り,ハンドルを回す。「3回回したら交代ね」と言いながら回し,後ろにいたお友達に「だいすけ君どうぞ」と言って譲る。その後運動場に移動し先生に笛を吹くことを要求し,お友達と一緒にかけっこをする。うんていの所では並んでいるお友達の前に行こうとしたので,職員が順番を待つことを促す。職員が援助しながらうんていをする。その後,またお友達や職員と一緒に追いかけっこをするが,追いかけてくる人を意識しながら逃げることができていた。お片付けの時間になると園庭で遊んでいる他の先生やお友達に「お片付けしましょう」としきりに話しかけに行き,自身は教室の中に入ろうとしなかったため,教室に入ることを促す。園庭を見て教室に入ろうとしなかったので「お顔を見て」と促してから何をすべきか確認すると「分からない」と言いながらも外遊び用の帽子を片付ける。その後も再度確認すると「分からない」と言いながらもトイレへ行く。

12:00〈お弁当〉食べている時は「子供だから読めません」とテレビのセリフを話すことが多く,食べることを促す。食べ終えると「(時計の針が)10になるから急いで」と自分で話しながら片付ける。お祈り中に片付けていたので,担任の先生に片付けの手を止めてお祈りするよう注意される。

13:00〈降園〉先生の促しで支度をし,お母さんが迎えにきて降園となる(この日は療育センターの診察日だったので早退)

私が迎えに行った時はとても嬉しそうに,クラスの皆に見送られ,ばいばーい!と手を振りながらお教室から出てきました。笑。ミホ先生からの報告書には訪問療育当日の様子以外に,担任の先生が気付いた事など以下のように箇条書きがありました。

・運動会の練習や当日は気持ちが高めであることが多く,年長さんが練習している時も見に行くことが多かった。運動会当日は全ての演目を一人で(加配の先生の付添いなしで)行ったが,競技が全て終わった午後は待つことが難しく別室で過ごした。
・体操着のズボンの脱ぎ履きは(着替え中いわゆる"すっぽんぽん"にならないよう)最後に行うよう指導しているが,できるようになった。全部着替えた後に肌着を着ていなかったので,着直すことを伝えても混乱なくできた(以前は間違った事にパニックしていた)
・先生が話すことを皆に向けて同じように話したり,状況に関係無く自分のやりたい事を話す様子が見られる。また,皆に同じように行動して欲しいという気持ちが強い(外遊びを自分が終えなければならない時,他のクラスのお友達も同じように終えて片付けして欲しい)
・制作の時は「お手伝いして下さい」と援助を言葉で伝えるようになったが,自分でやりたいという気持ちも強い。
・お友達とのやりとりが見られるようになってきた。また,お友達に手伝って貰う事も受け入れるようになった。

問題行動として,ホール集会では集中が途切れ易く,決まったタイミングで「疲れた」と言ったり「足が痺れた」と話すなどパターン化が見られる。今は一番後ろに並んでいるが担任がそばで一緒に過ごさないと,見学の父兄が気になりよく振り向いて,前でお話する先生に全く注目できない。担任が常に一緒にいないでも,ホール集会できちんと過ごせるように,今後どのように関わるべきか?この10月以降,七五三やクリスマスなど静かに過ごさなくてはならない行事が増えるため,担任の先生も気にかけてくださっている様子。 ←ミホ先生は,ホール集会が始まる前にまいちゃんとしっかりお約束をする(顔を合わせながら,必要ならば視覚的な指示を交えて,集会中は振り向かない事や話さない事を約束する)と担任にアドバイスして下さいました。まいちゃんがお約束を忘れないよう,ホール集会直前にお約束すること,守れたらすぐ褒めることを先生方の間でも確認し合って下さいました。

まいちゃんは当時,5歳3か月です。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村←参加しています(*^-^*)。

[PR]
# by atmaipace | 2014-02-05 19:15 | 5歳ー5歳5ヶ月 | Trackback | Comments(4)
2学期が始まり,療育センターのミホ先生による巡回訪問療育が既に2回行われました。今回は長い夏休みが終わって2週間経った頃,運動会の練習が始まった頃の巡回報告を載せてみます。

5月の巡回はコチラ→
7月の巡回はコチラ→

9月中旬の第3回訪問(天気は晴れ)
9:25〈身支度〉一通りお支度を行い,スモックに着替える。「できた」と話し,ピノキオの本を読む。先生から「長い針が8になったらお片付けしましょう」との声かけで本棚に本を持って行くが,本を見たまま片付けていなかったのでお友達が片付ける。

10:00〈園庭での集会〉お祈り,ラジオ体操を行う。並んでいる時や体操の時に注意がそれることがあり,後ろで先生が援助する。体操は体をひねったり,まわす部分が難しそうであったが,他の動きは概ね真似る事ができる。

10:15〈ホールでラジオ体操の練習〉移動する時に一番前に並んでいたが,先生の声かけで後ろに並んで移動する。ホールに行くと「今日はお遊戯会?」と何度か話し,後ろに先生が座り,姿勢を支える。先生の見本を見て意欲的に真似る。手と足を同時に動かす事は難しそうであった。

10:40〈朝の会〉先生から台風の話を聞く。呼名で返事をする。

10:50〈席替え〉先生が伝えた場所に椅子を置く。グループ名を同じグループのお友達同士で決める事になる。着席しながら,横や下を向く事が多かった。お友達に「まいちゃん,パンダでいい?」とグループ名を確認されたが返事をしなかった。センター職員が仲介に入り,お友達が話している事を伝えたが聞こうとしていなかった。

11:40〈園庭遊び〉遊具のある広場までのかけっこは,女の子だけで走ったが笑顔で走り,男の子が走っている時も拍手していた。アスレチックに登ったり,砂場でバケツの中に砂と水を入れてかきまぜて遊ぶ。ドーム型の遊具に行くが,お友達が登っているからトンネルに入っていると話し,ドームの中に入っていた。センター職員が仲介して紐を下ろし,登ってみる。「てっぺんとてもきれい」と話す。戻ってくるね,と話してその場所から移動するが,ドームで待っていたお友達が「まいちゃん戻ってこないの?」と話していた事を伝えると「ただいま」と言って戻る。

12:35〈給食〉時折姿勢が崩れる事があり,声かけで姿勢をなおす。全量食べ終える。

13:20〈室内遊び〉塗り絵を持ってきてクレヨンを使い分けて丁寧に塗る。
〈帰りの身支度・帰りの会〉鞄の中にシール帳がうまく入らず,先生に援助を求める。先生が丸めてくれた塗り絵を渡されたが,先生のお話中に筒の中を覗き込む事があった。挨拶をして降園となる。

夏休み直後は久しぶりの幼稚園の雰囲気に不安を覚えたのか,先生のお話中に歌を歌っていたり,ホール集会で独り言を話す様子が見られたそうです。すぐにまた慣れて,ふら〜と他の場所に行く事はなくなり,お支度も自分で行い,集団の中で安定して過ごしていると先生から報告がありました。でも,運動会の練習が始まり流れが変わると,移動する際何度も次のプログラムを確認したり,落ち着かない様子。ホールで音楽を使った練習が入ると気持ちが高まり,注意しても独り言がおさまらない事も(x_x)。

ミホ先生から幼稚園の先生また保護者へのアドバイス→大人の指示を理解しているのかを見極めながら,対応を考えていく必要がある。大人が本児に伝えたい事がある際は「先生(ママ)の目を見て」と伝えてから話していく事で,大人の話を聞く姿勢ができる。(発表会など静かにしなくてはいけない時に)どうしても興奮して独り言がおさまらない場合は,別の部屋で休憩することを考えても良いと思う。お友達との関わりでは,お友達が話している事に気が付かない事もあるので,大人が仲介してやりとりが行えるようにしていく。

まいちゃんは当時,5歳2ヶ月です。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村←参加しています(*^-^*)。
[PR]
# by atmaipace | 2013-11-09 18:46 | 5歳ー5歳5ヶ月 | Trackback | Comments(2)

田中ビネー(5歳3ヶ月)

先日,来年度の療育プログラム@療育センターを決めるための資料として,療育センターに勧められ,発達検査を受けてきました。

初めての発達検査(3歳4ヶ月)はコチラ→
2回目の発達検査(4歳2ヶ月)はコチラ→

お弁当を食べた後,幼稚園を早退し療育センターへ。朝から予定を言い聞かせてはいましたが,いつもと違う流れに少し興奮気味なまいちゃん。受付まで迎えにきた担当の先生が「まいちゃん,こんにちは」と言ってもエレベーターの方を見て返事しません。「まいちゃん,今日は先生と一緒にお勉強をします」と絵カードを渡され,ようやくなんとなく意識が先生に向きます。お部屋に入ってからは壁の掲示物を見てキョロキョロ,椅子に座っても不安なのか半分立ち上がり「今日はお勉強?」と繰り返します。

今日の予定を絵カードで説明され,発達検査スタート。まずは絵を見て名前を言っていく問題。名詞が得意なまいちゃんはサクサクと答えていき,調子が出て(立ち上がったりしなくなって)きました。にんじん,ほん,等は答えた後「んでおしまい〜」と言います。これは多分,療育手帳判定の検査などでは不通過(x判定)になると思うのですが,今回はまいちゃんが実際どのくらい理解できてるのか?参考程度の検査なので,通過(○判定)でした。

1年前,全くできなかった「おなじ・違う」の問題。一枚の紙に全く同じ二つのもの(木と木)が並んでいれば同じ,異なる二つのもの(木と魚)が並んでいれば違う,と答える問題です。今回は問題の説明も聞いていられたし,迷う事なく答えていたので,理解しているようでした。片肘をつきながら答えていましたけど・・・←態度悪ーい。

「うさぎは速い,かめは?」「お父さんは男の人,お母さんは?」「象は重い,ねずみは?」などの反対・類推の問題は得意で全問正解。道路など町の絵が描かれたシートを広げ,その上に置いた小さなお人形の場所を覚え,数を数えてからまた同じ位置に置く問題。お人形や町の絵に気を取られ,何をしてと言われたのか分からない様子。不通過。積み木を「いくつ?」「先生に3個ちょうだい」などはできたが,複数の積み木を「半分に分けて」は分からず紙の上に一つずつ置いて「できたー!」

電車のおもちゃに象・リス・パンダが乗り込み出発,トンネルに入ったところで「問題です,一番目は?」象と答えられる。電車はトンネルに隠れたまま「あ,電車がバックしまーす。誰が出てくるかな?」パンダと答える。次は?リス。通過。色んな形のビーズを先生が作ったのと同じように紐に通す問題(先生が通している過程を見てから自分もやる,下から順に同じ形を選ばないといけない)通過。△のカードを二枚渡され,□の絵を見て同じ形を作る。問題の意味が分からなかった?できない。不通過。

傘はなんですか?「雨」茶碗は何ですか?「分からない」何?という問題には相変わらず弱い。不通過。まいちゃんの右手は?右手をあげる。左の耳は?左の耳を触る。右の目は?右の目を触る。通過。目は何するものかな?・・・・。耳は何するもの?・・・・無言。不通過。絵を見ておかしいところを表現する問題。スプーンを逆に(すくう所を手に,柄の部分を口に)持っている女の子の絵。「これ!これこれ!」とスプーンを指差すが,「何がおかしいの?」・・・・表現できない。片足にスリッパ,片足に靴を履いたスーツを着た男性の絵。「これ!サンダル」と言うがそれ以上は説明できない。雨の中バーベキューをしている絵,全く何も答えられない。ホースが蛇口から外れているのに水が出ている絵。無言。

細めのクレヨンで紙に○を書く。通過(前回はクレヨンに慣れておらず,紙を左手で押さえる事もできず,いびつな形だったので不通過だった。)△を書く。通過。菱形を書く。「ダイヤモンド〜」と言いながら余裕。通過。その時点で先生が「まいちゃん,自分の名前書いてみて」と白い紙を渡す。文字の大きさはバラバラだが書ける。

後ろで様子を見ていた私が覚えている範囲ですが,こんな感じでした。途中先生が「じゃじゃん!問題です」や「まいちゃん全問正解です!すごいねぇ」と集中を引き出してくれたおかげで,姿勢ぐにゃぐにゃながらも何とか40分やり通せました。でもこれが本来の,厳しい環境だったら独り言を言いながら立ち上がって途中ギブアップでしょう。文字や数字は好きで6歳以上の能力,想像力・コミュニケーション・言葉での指示への理解は2歳〜3歳程度です。もう,あまりに典型的で分かり易いので後ろで見守りながら思わず笑ってしまいました(^▽^;)。私も慣れてきたな〜。

数字は87と出ましたが,実際はもっと低いと思うし明らかに普通級では無理です。療育センターでのプログラムは,現在の「わかばクラス」より集団行動・コミュニケーションに重点を置いた「あおばクラス」を希望していますが,あまりにコミュニケーション能力が低すぎるので,先生と1対1の療育プログラムを勧められるかもしれません。そこ(1対1での視覚による支援など)は私が頑張るので,何とか小集団でコミュニケーションを学ばせて貰えないかな・・・(´・ω・`)と思っています。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村←参加しています(*^-^*)。
[PR]
# by atmaipace | 2013-11-02 07:37 | 5歳ー5歳5ヶ月 | Trackback | Comments(6)

自分の中の偏見

お久しぶりですm(._.)m。ずっと更新できなかったのは,役員や縁あって始めた仕事などで忙殺されていたからなんですが,忙しくなるとまいちゃんへの対応も悪くなり,心の余裕もなくなり・・・ブログに愚痴しか書けなくなりそうで,少し遠ざかっておりました。にも関わらず訪問下さった方,メッセージを残して下さった方,ありがとうございましたm(._.)m。少し落ち着いたので,まいちゃんの近況などを交えつつ愚痴をΣ( ̄□ ̄;)やっぱり!!書こうと思います。笑。

そろそろ,まいちゃんの発達障害に気付いてから2年が経とうとしています。初診の帰りに車の中で号泣し,まいちゃんの寝顔を見ては将来を悲観して泣き,幼稚園に普通に通うお友達の輪からだんだん外れて孤立し,妊娠が分かっても自閉症が怖くて中絶を考えていた日々からは,少し前進したように思います。それもこれも,療育センターの先生方と,発達障害サークルで知り合ったママ友のおかげ。一緒に悩んだり笑ったりできる仲間ができて,本当は違う形で出会いたかったけど出会えて良かった,とお互いに話せる友達のパワーに何度救われたか。まいパパや実母に相談したり,やりきれない気持ちをぶつけたりできる環境も,心から感謝しています。

なのに!なのになのに(>_<)!相変わらず「自閉症は嫌だ,イライラ〜」という気持ちが何かをキッカケにむくむく大きくなってしまう私。山梨県立こころの発達支援センターの本田先生が講演で,高機能の親は諦めが悪い(=子供に無理をさせて2次障害を起こしてしまう)と仰っていましたが,先月の私はまさにコレでした。

最近のまいちゃんはオウム返しがめっきり減り,エコラリアは出るものの,かなり言葉でコミュニケーションが取れるようになってきたと思います。療育の日に「まいちゃん今日何したの?」「お昼は何食べたの?」と聞くと「今日はお買い物ごっこ!まいちゃんバナナを買ったでしょ」とか,「ハンバーグと〜にんじんと〜,デザートは柿でした〜」など答えてくれます。予定表で確かめてみると正解。幼稚園のお友達と会話はできないものの「あ,あさちゃん,じゃあね〜またね〜!」など私の口調を真似て挨拶したり,車で通りすがったお友達に「ばいばーい!」と手を振っていて「誰だったの?」と聞けば「ももちゃんだった!」など教えてくれます。

初めての運動会も,出番まで待つ間は支援の先生の膝に座ったり腕にしがみついてぶら下がったり,落ち着きなく不安な様子でしたが,始まってしまえば練習どおり,大勢の来賓の中,全種目(かけっこ,大玉転がし,お遊戯,玉入れ)支援なしにお友達の中でできていました。

実際,まいちゃんはよく頑張っていると思います。私も毎日,些細な事でも褒めるようにしています。生活リズムが整っていて私が笑顔だと,まいちゃんは「ママ笑ってるね!」と嬉しそうで,自発的に行える事も増える気がします。反対に私が怖い顔で叱ると「やーだよ〜」と笑って誤摩化そうとし,更に叱ると「しーらない!」と半ばパニックで逃げようとします。腕を強く掴んで「ママなんで怒ってるの!?」と聞くと(まいちゃんドア蹴ったから,など)ちゃんと答えられるのでパニックになりながらも,何故怒られているのか理解しているようです。

これだけ認知が上がってきて,意思疎通ができるようになったのに,何をそんなにイライラするのか?と言うと・・・衝動性です。昔からあったのかもしれませんが,最近特に目立つようになりました。ゲーム機を持っている知らない小学生に近づき覗き込む,スーパーのレジ,ドライアイスの機械,駐車券の精算機,使っている人がビックリするくらい,近づいて覗き込んだりボタンを押そうとします。私が予期できる時は腕を掴んだり言い聞かせますが,弟に気を取られている隙に走って行ってしまう事もしばしば。体が大きく小学生に間違われるくらいなので,本当に目立ちます。

先日,発達障害サークルで私がママ友と話していたら,中学生の自閉症の男の子が突然,肘にかけていた私のトートバッグの中から計算機を取り出しました。お喋りに夢中だったので,その子が近づいてきた事に気付かず本当にビックリしました。開いたトートバッグの口から覗く計算機が,オモチャに見えたのでしょう。「あ,○○くん,それ計算機だよ。」と言ってすんなり返してもらったのですが,本当にドキドキしました。そして,イヤ〜な気持ちも。。。「まいちゃんも,中学生でこんな事するのだろうか?」

まいちゃんは不安(&手持ち無沙汰)になると人の手を触ったり,耳やほっぺを触って安心しようとするのですが,それ以来口を酸っぱくして「おてて触ってもいいですか?」「お耳触ってもいいですか?」と言わせるようにしています。弟のオモチャを取り上げようとしたら,「貸してって言ったの!?」と注意します。まだ弟は1歳3ヶ月で何も話せませんが・・・(*_*)。今後もこの衝動性と,想像力(コミュニケーション能力)不足については色々悩む事になりそうです。というのも最近の発達検査で改めてまいちゃんの凸凹が明確に。

「自閉症のコアの部分強いですよね〜」と心理士の先生に言わしめたまいちゃんの特徴と,私が取るべき態度・対策について次回触れようと思います。

まいちゃんは今,5歳3ヶ月です。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村←参加しています(*^-^*)。
[PR]
# by atmaipace | 2013-10-27 18:55 | 5歳ー5歳5ヶ月 | Trackback | Comments(6)
ご無沙汰していますm(._.)m。前回の投稿にコメント下さった皆さん,ありがとうございますm(._.)mなのに放置状態で本当にごめんなさいm(._.)m。夏休み,やる気スイッチが入らないまま8月も終わりそうですが,どんなに遅くても必ずお返事しますm(._.)m。取り急ぎ,このままだとズルズル書かないで終わりそうなので(滝汗)まいちゃんの夏休み&最近の様子を書いておこうと思います。

なかなか客観的に娘を見るのは難しいのですが・・・。暑いし弟もいるし,私一人でまいちゃんを◯◯へ連れて行くと約束できず,夏休み中の予定表を作っていないせいで,毎日「ねぇねぇママ,今日なにする?今日どこいく?」「ねぇねぇママ〜」を繰り返しています。暇そうです。日にちと曜日の理解,まだまだですが,夏休み前より身に付いてきました。「今日は月曜日,パパおしごと?」「土曜日はパパおやすみ?」と聞いたりします。「今日は何日?」と聞くとカレンダーを見て答えようとします(70%くらい正答)

お友達や他人へ意識が向いたり,自ら働きかけたり,ほんのちょっぴりですが始まりました。室内遊技場で遊んでいた時,ボールプールに設置された滑り台の上から知らない女の子が「黄色いボールとって」と手を伸ばしていたのですが,それに気付いたまいちゃんが黄色いボールを渡してました。そして,その子がいなくなった後,自分も黄色いボールを持って滑り台上に行き同じ遊びをそっと真似しているのを目撃(^▽^;)。1年以上一緒に活動している発達障害サークルの,お友達のママに初めて「しょう君ママ〜」と自分から声を掛ける事ができました。児童館で会った馴染みない男の子に対し「一緒に追いかけっこしよう!」と誘い,トンネルに二人きゅうきゅう入り「狭くて大変だ〜」と盛り上がっていました。

でも基本,追いかけっこ以外の遊びはできません。会話も全く続かず,健常児の従姉妹ちゃん(4歳)は「まいちゃん同じ事ばっかり言うね」と,何か違う事に気付き始めた様子。まいちゃんのお喋りの80%くらいがアニメのセリフを状況に合わせて組み合わせた,一方的で特徴的なものです。例えばマンションやビルのロビーに入る時「わぁ〜とっても素敵なお部屋だわ」と必ず言うので「ロビーだよ」と教えると次からは「わぁ〜とっても素敵なロビーだわ」になります。のりの付いた手を拭きたい時,濡れタオルちょうだいと言えばいいところを,「じゃあティッシュはどうかな?ううん,違うよね!手を拭く時は・・・(効果音)そうだよね!タオルだ!」とミッキーマウスの口調でマウスケツールのように話さないと目的のモノに辿り着けないとか。声の大きさを状況に合わせて調節する事はできず,誰に話しかけているのか?何でもハッキリと大きな声で話すので,皆振り向きます。

食事中や寝る前の独り言も酷く,食事中は私が厳しく注意するので声を出さずに口パク・表情・身振りでセリフを体現し非常に挙動不審です。夜はうるさ過ぎて弟を寝かしつける事もできないし,私もイライラするので,最近は「まいちゃんおやすみなさい」と寝室に一人にしてドアを閉めます。しばらく5分〜15分くらい,長ければ30分,ベラベラ喋っていますがパタッと寝付き,それからは夜中起きません。マイワールドにいる時はすぐ近く,例えば隣で何度名前を呼んでも反応しません。

セリフ口調が酷いので,テレビを制限したところ本ばかり読んでいます。「ママ,テレビ見てもいい?」と一日何十回も聞いてきます。「だーめー」と返事するとそのまま諦めるのですが,10分後にはまた聞いてくる・・・。そして,30分ならテレビ見てもいいよ〜,お出掛けまでテレビ見てもいいよ〜と許可しても,リモコンがないと自分の好きなシーンを自分の好きな順序で見たり繰り返したりできないので,自ら「もういい」と消してしまいます。

パニックはなくても,上記のようなこだわりが随所にあります。また,まいちゃんが好きなアップテンポのテレビ番組や,お出掛け先で楽しくて興奮状態になるとTシャツの裾を舐めたり,リュックの紐を舐めたり。トイレに行きたいの?と何度も聞きたくなるほど,身をよじったり細かく跳ねたりズボンを頻繁に引っぱりあげたり・・・落ち着きません。そのような状態になった時は「止めなさい」や「落ち着きなさい」と言っても全く効果なく,明らかに制御できないようなので,場所を変えるか,OXOのストローボトルを渡しストローを噛ませたり,家だったらトランポリンでジャンプさせてます。

↓最近お気に入りの点つなぎ,学研のパズルでおけいこシリーズです。よく見ると59→64と結んでしまい自分で消しゴムで消して直してあります。「59のつぎ64で間違っちゃったからね,消しゴムで消したよ!まいちゃんスゴイでしょ〜」と言ってました。間違いや分からない事に関しては「むずかしいよ!てつだって!」とすぐ言うのですが,何ともならない時は私の口癖である「まぁいっかー」などを真似して,今のところそんなに拘らずに済んでいます。ぎゃくにつなごう,というページで私が「逆は難しいから,1から順につなげば?」と提案すると「でもぎゃくってかいてある」とちゃんとやっていました。
b0236693_09362.jpg
↓塗り絵では色鉛筆を好んで使うようになりました。アンパンマン,表紙の絵を見ながらなるべく似た色を使って塗っています。(元の絵が)白だと全く違う色を選ぶみたいです。そして,塗り絵の記憶で公園の砂にアンパンマンを描いてくれました。
b0236693_095080.jpg

日常的には今のところそんなに困っていないけれど,自閉度は高めのまま,バリバリ自閉っことして順調に(*_*)?育っているまいちゃん。今のままだと小学校は絶対支援級。正直,支援級以外考えていません。中学くらいまでには自分が人と違う事を理解し,自閉症だからその特性を生かして(例えば人との関わりが少ない)◯◯の道へ,または手帳による障害者枠での就職を目指すなど,自分で決められる程度に発達してくれたらなぁと淡い期待を持っています。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村←参加しています(*^-^*)。
[PR]
# by atmaipace | 2013-08-27 18:39 | 5歳ー5歳5ヶ月 | Trackback | Comments(12)

3歳5ヶ月,高機能自閉症と診断されました。9歳の今,知的にはボーダーIQ80前後です。娘の幸せは何だろう,試行錯誤&迷走する母親のつぶやきと娘の成長記録です。


by まいママ