人気ブログランキング |

3歳5ヶ月,高機能自閉症と診断されました。10歳の今,知的IQ80後半に。娘の幸せは何だろう,試行錯誤&迷走する母親のつぶやきと娘の成長記録です。


by まいママ

自閉度

先日、療育センターでの初診がありました。昨年10月、まいちゃんの障害に気付いてすぐ申し込んだけど、初診の予約だけで4・5ヶ月待ち・・・と聞いていたので意外と早く回って来たと思います。まぁそんなに待てないので発達外来へ行き、一足先に診断を貰っていたし、担当のソーシャルワーカーさんとは何度か電話で話をしていて、すぐに集団療育などが始まる訳ではない事も聞いていたので、今回はただ、まいちゃんの行政上のファイルを作りに行く・・・そんな感じでした。

初めてお会いしたソーシャルワーカーさんと30分程お話、その後専門の小児科医の先生に1時間弱診てもらいました。先生が鞄から簡単な型はめパズルやカードを取り出して、知能の方もサラッと確認しているようでした。身体測定もして、オムツ一丁にされたまいちゃんは大人しく体重計の上に乗り、身長や頭囲も測って、聴診器を当てられ口を開けて・・・『この子はこういうの全然平気なんだね〜』と言われました。←そうなんです。

その後、生活の中の細かい事ー顔を洗えるか?シャワーは頭からかけても大丈夫か?ご飯は自分で食べるか?着替えは?トイレは?など聞かれ、『大体できます・・・』と答える私。あ、トイレトレーニングは後退してます(´・ω・`)。ふんふん、とファイルに沢山の事を書き込んだ先生。最後に質問は?と聞かれ『この子の・・・自閉度はどのくらいですか?』と聞いたら『うーん、中くらいから強いかな』と笑顔でニッコリ答えられました。

え"、強いの・・・ Σ(  ̄ロ ̄lll)。そうなんだ・・・と何とも表現できない気持ちになって帰路につく私。

まいパパに話すと、『ふーん、それってどういう基準で決めるのかな?』と聞いてきました。私の推測ですが、まいちゃんは目を見て挨拶できない事(『せんせいこんにちは』のせん、あたりで目をそらします)、そのくせ先生にカードを出された時は自分でめくろうと手を伸ばし、先生の手を引っ掻きそうになった事、私と先生が話している間に面倒をみてくれた保育士さんには全く興味を示さず、話しかけたりはもちろんなく、オモチャだけに集中する事。そんなところからでしょうか・・・。

診察の後にソーシャルワーカーさんと再度話す機会があり、また最近臨床心理士さんと話す機会もあったので付け加えると、 自閉度をはかる正式なテストはなく 今回は正式に測った訳ではなく先生の経験からくる 印象に過ぎない事。自閉度が強くてもそれだけ自分の興味ある事に集中し物事を学び、あまり生活に支障がない場合もあれば、自閉度が弱くても周りが気になってうまく折り合いがつけられずに、支援が必要になる場合もあり、その強弱イコール支援の要不要ではない、などを教えてもらいました。ふーん(*゚д゚*)なるほど〜。

自閉度を気にするより、まいちゃんが何が苦手で何が得意かよく見極めて、それに丁寧に接して導いてあげる、環境を整えてあげる・・・またこれを言われました。まいちゃんの発達障害に気付いてから、何かしたい、何かしなくては、療育は3歳〜4歳が勝負と言われて焦り続けていましたが、最近は『丁寧に子育てする』以外に何もないような気がしています。何かあったら是非教えて下さいm(._.)m

※加筆訂正しました。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村←参加しています(*^-^*)。
by atmaipace | 2012-01-13 17:28 | 3歳5ヶ月ー4歳