3歳5ヶ月,高機能自閉症と診断されました。10歳の今,知的IQ80後半に。娘の幸せは何だろう,試行錯誤&迷走する母親のつぶやきと娘の成長記録です。


by まいママ

幼稚園での様子(年中前半3)

いよいよ夏休み→まいちゃんの5歳の誕生日です。夏休み中の課題や5歳の療育目標を(カタチだけでも)設定して自分を奮起させ,ダラダラと諦めた生活から抜け出したい。そんな気持ちで年中前半をまとめてみたいと思います(=_=)。まずはミホ先生による幼稚園への巡回報告第二弾!

7月上旬の第2回訪問(天気は晴れ)
9:35〈身支度〉時折,先生に声かけをしてもらいながら取り組む。身長,体重の測定を落ち着いて行う。お花当番のため,お友達と手を繋いでひまわりに水をかける。かける時はセンター職員(ミホ先生の事)が言った場所に水をかける様子が見える。

9:50〈ホール集会〉7月の歌【バナナのおやこ】前に書かれている歌詞を見ており,後半歌い始めていた。体操:見本の通りに行う。素話:座って聞いているが,時折横を向く等注意が逸れる事があった。実習生からの挨拶:姿勢が崩れがちになる。

10:25〈製作〉七夕製作の説明では注目が逸れ,先生に注目を促される。その後,再度先生の説明を聞く。七夕の歌は聞いている事が多かったが,歌に合わせて部分的に手を動かしていた。先生の指示通りにのり,のり板,製作用小箱を取りにいく。織姫の製作,先生が織姫の頭のパーツを取りに来るように伝える。皆が取りにいく様子を見て,取りに行く。星の紙に身体,頭,顔のパーツを置くように指示があり,身体は声かけで置くがその他パーツは一人で自由に並べる。その後,各々パーツののり付け,中心部分にしかのりを付けないので,端の部分につけるようセンター職員が声をかけ一緒にのりを付けようとすると嫌がり,自分で行うと話し,一人で行っていた。片付けは一人で行う。

11:35〈外遊び〉シャベルですくった砂を平らにして遊ぶ。その後バケツに水を入れ,砂を入れてかき混ぜる事をセンター職員が「一緒にやってもいい?」と聞くと応じてくれたので,一緒にかき混ぜて遊ぶ。教室に戻る時間になり,先生とお友達が「きりん組さん,帰るよ〜」と声かけしている様子を見て加わる。園庭から移動する時,列の後ろから前に移動してきたので,先生がお友達と手を繋いで元の並び順に戻るよう促すが,前に行こうとする様子が見られる。トイレに行く際,並んで待つ時もお友達が揃わないと廊下や他の教室に行く事があった。

12:20〈お弁当〉ランチマットがない事に気付き,先生の促しで職員室に借りにいく。職員室にいた先生に伝えられず,センター職員が促すと「ランチマットないよ」と話すが,声が小さかったため代弁する。教室に戻って着席すると「xx先生,まいちゃん手はおひざすごい」と何度か話す。全部食べると先生に見せに行き,うがいをする。そばにいたセンター職員にランチマットをしまっていいか確認したので,先生に聞くことを促すと先生のところに行き確認していた。

13:10〈手形作り〉先生と一緒にスタンプ台に手を置き,手形を作成する。

13:15〈自由遊び〉カブトムシがいるかごを取って欲しいと話し,そばにいたお友達がかごを机に置いてくれる。カブトムシを持っていたお友達が本児のそばで持ち上げて見せると「キャー」と言って逃げていた。その後ブロックでカブトムシをつついていた。個別に声かけをするとブロックやままごとを片付ける。

13:35〈身支度〉センター職員に「上履き袋ある?」と聞いてきたので,先生に聞く事を促すと聞きに行っていた。一通り行い,シールを貼って椅子に座って待つ。

13:50〈紙芝居,帰りの会〉紙芝居に注目する。お祈り,挨拶をする。先生が順番にお帰りのお友達の名前を呼んでいる時に「まいちゃん手はおひざしている」と繰り返し,先生に向かって話す。センター職員が先生は今お話できないこと,名前を呼ばれたら話せることを伝えると表情が曇る。名前を呼ばれ,先生のところに行き,挨拶をして降園。

↑前回の巡回から1ヶ月半,ミホ先生は「全体的に随分落ち着いた」と感想を仰って下さいました。もちろん“発達障害児としては”という暗黙の枕詞が付きます(^_^;)。ロッカーに入って遊んでしまう問題は,ロッカーに入ってはいけませんの×マークを付ける事で,解決しました。窓を閉めない事も,声かけを繰り返して学んだようです。絵本の時間に好きな絵本を読めない時,お教室からふら〜と出て行く事がなくなった。その他,まいちゃん手はおひざしてる!とアピールして先生に褒めてもらおうとしたり,家でのご飯も「うろうろしないね!」と言ったり,確かに【言う事を聞くと褒められる】事を少し理解してきたかもしれません。でも「そうだね,偉いね」など返されるまでずーっと繰り返したり,誰に向かって発信してるの?といった発言/表現が増えてきたかな・・・。あと“早い順やできた順に並んで待つ”事ができず(毎回前後のメンバーが異なるため)ふらふら〜と移動してしまうので,これも新しい課題。うーむぅぅぅ。暑さで頭がボーッとしてきたので,また次回,考えます(・ω・) 。

まいちゃんは今,4歳11ヶ月です。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村←参加しています(*^-^*)。
Commented by しまなみ at 2013-07-19 06:15 x
すごい進歩d(^_^o)
褒めて発信は、慌てず、小学校前に落ち着くのをめどになさる位がイイのでは?自閉症と言われるコが、ただのコトバを喜びとするのは、ものすごい進歩かつチャンスです。園ではその場で褒めてもらうのは難しいでしょうが、家では、しつこく褒め続け、褒める対象行動を増やして、相手が請求し忘れる位にすると、長期的には楽になりそうです。
ウチのお子様は、笑顔まで要求しだしました。バレた、棒読みの褒め(^O^)/しかし、自閉症としては、すごい!一年位したら、他人の感情を表情から読むかも。まいちゃんも、先生の笑顔は、まいちゃんを褒めているんだよ、お話中でコトバで褒められないけど、そういう褒め方があるよ、と、わかってくれると、ステップアップですね。あ、ウチのは、当然、到達してません。
おててひざ、できてる?ママの顔見て?どんなかお?に、にっこり!と答えさせるのを、だいたい週二回(T . T)やるだけー
Commented by pinga at 2013-07-20 22:44 x
ご無沙汰してます~
まいちゃん幼稚園生活順調みたいですね。
先生の指示は直接は入らないかもしれないけれど
お友達がやってるのを見て、同じように行動できてるのだからすごいですよね。
そこから少しずつ集団への指示が入るようになるといいですね。

褒められることでできることが増えていきますもんね。
幼稚園楽しく通えているようで良かったです。
夏休みも楽しく過ごしてくださいね♪

Commented by atmaipace at 2013-07-25 01:15
しまなみさん,
そうか,褒めてもらって嬉しいからもっと!というのは確かにすごいチャンスかもしれませんね(*゚O゚)←気付いてなかった。笑。私も「すごいね〜」「えらいね〜」と棒読みですし,たまに「うん」だけの時も。汗汗。ウロウロせず座っている事,お店などで手を繋いで側にいる事,は当たり前過ぎて褒め忘れるので,娘から要求するようになったと思われます(;^_^A。静かな会場など,言葉で褒める事が難しい場合に備えて表情で褒める,やったね!の合図をする・・・フムフム(*゚Д゚)φ))これからとっても大切&重要になりそうですね。コメントありがとうございました☆
Commented by atmaipace at 2013-07-25 01:29
pingaさん,
こちらこそ!ご無沙汰です&コメントありがとうございますヾ(*´∀`*)ノ。幼稚園・・・きっと何度もしつこく同じ言葉・行動を繰り返してウザイと思われる事も正直あると思うんです。でもそこは素晴らしい先生達なので,丁寧に優しく注意して下さり,娘の言動がお嬢様らしくなりました(^▽^;)ゞ。夏休み・・・昼も夜も献立に頭を抱える毎日ですが,娘の素行が悪くならないよう(私が)気をつけなくては。爆。pingaさんも楽しい夏休みを〜!
Commented by しまなみ at 2013-07-25 15:33 x
> ウロウロせず座っている事,お店などで手を繋いで側にいる事,は当たり前過ぎて褒め忘れる
 むむっ!ライバルは先(お嬢様コース)を行ってるぞ、ムスメちゃん。私も、劇団四季に入団したつもりで、褒めていきます。
 褒めるのは、定着したら、間を開けてもいいんですよ。ただし、必ずときどき思い出して、熱烈に褒める。間が空いて、熱烈に褒められると、すごーく喜び学習回路が活性化するという実験結果があります。(恋愛を思い出してください 笑)当たり前になっているからこそ(うらやましい)こっちも棒読みになっちゃうんですが、弟がパワーアップして来たので、劇団四季、頑張ります。
 おたんじょうび!おめでとうございます!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by atmaipace | 2013-07-18 18:46 | 4歳6ヶ月ー5歳 | Comments(5)